【西宮市】市内在住の画家・イラストレーターによる「南阿蘇鉄道支援チャリティーカレンダー」。2020年版の原画展が12月7日から、大阪市内のカフェで行われます。

2019/12/02 15時00分

2016年に発生した熊本地震で被災した南阿蘇鉄道(本社:熊本県阿蘇郡高森町)を支援すべく、西宮市内在住の画家・イラストレーターを中心となって、2020年版チャリティーカレンダーを作成しました。カレンダー本体作家の方々は、次の通り。

安藤隆晃さん スポーツイラストレーター
 【西宮市】”西宮愛”に溢れたパーカーが完成!世界的デザイナーも認める!?秀作です。をデザイン。
久保朋子さん 切り絵作家
 2018年版「南阿蘇鉄道支援チャリティーカレンダー」以来の参加
毛利美帆さん デザイナー
 西宮市文化振興課「赤ちゃんへの手紙」Vol.2イラスト担当
もりもとさゆりさん キッズアートクリエイター&デザイナー
 お絵描き造形教室「happiness kids art」主催
山田輝見子さん 美術作家
 京都市北区のギャラリー「funny box」代表
結城わらゑさん イラストレーター
 京都・高台寺監修「マンガ アンドロイド観音が般若心経をを語りはじめた」執筆

 ○市外在住で、元市内在住 ※市外在住者

その原画展が、2019年12月7日(土)から大阪市福島区のカフェ「huehuetenango」で開催されます。店内その初日には、キックオフイベントも予定されています。

作家さんらによるギャラリートークや、熊本の醤油を使ったお好み焼きや、資本(シフォン)ケーキも提供されるとのこと。

ちょっとした旅行気分も味わえそうな気がします。

(文:古本卓嗣)

ジモネタ西宮
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら