【西宮市】新聞記者が作ったお酒、飲んでみませんか?スタジモにしのみやで「地域とお酒にまつわるゆめ・まち講座」が行われました。

2019/01/28 00時03分

スタジモにしのみやでは1月27日(日)、阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボvol.34ゆめ・まちワークショップ「地域とお酒にまつわるゆめ・まち講座」を開催しました。

内容は次のとおり。

 11:00~12:30 テーマ「焼酎」 ゲスト:「社会福祉法人 豊中市社会福祉協議会」
 13:30~15:00 テーマ「ビール」 ゲスト:「IN THA DOOR BREWING」
 16:00~17:30 テーマ「日本酒」 ゲスト:「株式会社 産経新聞社」

実際に「日本酒」に参加しました。

講師は、産経新聞社社会部兼編集ソリューション室編集委員の、慶田久幸さん。トークする慶田委員新潟県佐渡島にある酒造メーカー「尾畑酒造」の記事を新潟支局の市川雄二記者が取材したのを機に、実際に「日本酒を作ろう」となったエピソードを披露。慶田記者と辛口:産経実際に、そのお酒「辛口産経」の試飲も行われました。辛口産経の試飲名前通り「辛口」ながら、後味に甘みも感じられるおいしいお酒。

全国的にも日本酒通(?)の宮っ子の舌にも合ったようです。

因みに、次回2月17日(日)は「お酒とびんのものがたり~ゆめ・まちリサイクルチャレンジ!~」(無料・要予約)。

杜氏さんの話や、オリジナルラベルづくりも体験出来るそうです。

そんなスタジモにしのみやはこちら↓↓です。

(文:古本卓嗣)

ジモネタ西宮

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ