【西宮市】浜甲団地通りのメタセコイア並木が壊滅状態

夏は青々としたメタセコイアの並木道が、直線で約200m続く武庫川女子大学附属中学校・高等学校周辺の道。夏「浜甲団地通り」の愛称でも知られ、秋にはドラマ「冬のソナタ」さながらの景色が広がるのですが・・・。

先日の台風21号の強風と潮風の直撃を受け、多数の葉が枯れ落ちてしまいました。2018年9月わずかに残る中には、緑色の葉も見えますが・・・。

この辺りは【西宮市】台風21号通過後の状況・鳴尾浜でも取り上げた、鳴尾川から西に約200mの場所。

そちらも水面がやっと見えるようになりましたが、ほとんど手付かずのまま。2018年9月21日

来年秋には、本来の紅い並木道が見られることを願ってやみません。

メタセコイアの並木道はこちら↓↓です。

(文:古本卓嗣)

2018/09/21 18:42 2019/01/30 20:40
古本卓嗣
ジモネタ西宮
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら